占星術 自然環境

逆行中の火星が15年ぶりに地球に大接近&皆既月食が起こる

投稿日:

7月末に星の配置による大きなイベントが発生します。

それはスバリ皆既月食と火星の大接近です。

「月食」とは、地球が太陽と月の間に入った「満月」の時に、地球の影が月にかかることで、「月が欠けて見える」現象です。

皆既月食とは、地球が太陽の光を完全に隠してしまい、月に光が届かなくなる場合に起こります。

部分月食とは、地球が太陽の光を部分的に隠している時に一部の光が月に届かなくなる場合に起こります。

今回は、皆既月食(2018年7月28日未明)によって「赤銅色」に見える「ブラッドムーン」と、赤い輝きを放つ火星が地球に大接近(2018年7月31日)する「スーパーマーズ」という大きな天空上のイベントが起こるのです。

※東北地方以西で皆既月食、東北地方の一部や北海道では部分月食を見ることができます。

「ブラッドムーン」と「スーパーマーズ」

皆既月食の「ブラッドムーン」と火星大接近の「スーパーマーズ」は別々で単体の動きではありません。

実際に7月28日の皆既月食の時点で、月と火星の距離の誤差(オーブ)は1度未満であり、月と火星はほぼ並んで見える配置にあります。

皆既月食は、太陽の光でできた地球の影の中を月が通過するときに見られる現象です。「太陽、地球、月」が一直線に並ぶ時に、月が地球の影に完全に入り込み、「赤銅色」と呼ばれる赤黒い色に見える不思議な現象が発生します。

※赤銅色の不気味な月の色は、太陽の光が地球の大気に遮られ、赤い波長しか月に届かなくなることで生じます。古代の人々は、このような月の状態を、この世の終わりなどと考え、非常に恐れていました。ヒンドゥー教の文化でも、食(あるいは蝕)=天体が欠けた状態のことを忌み嫌い、神事や結婚式を避ける傾向があります。場合によっては、一歩も外に出ないという人もいるそうです。

今回は、7月28日 午前4時30分~午前6時14分までの間に完全に月が欠けて皆既月食となります

東京では、皆既月食が始まってすぐに月が沈んでしまいますが、四国や九州、沖縄では、食の最大まで見ることが可能です。

この皆既月食のすぐ横に地球への最接近を31日に控えた火星が赤く明るく輝いて見えることになります。

「太陽・地球・月・火星が一直線に並んでいる」とイメージしてもらえれば分かりやすいと思います。

今年の初め頃に、月が地球に最も近づいて満月となった「スーパームーン」がありましたが、7月末には「逆行中の火星」が皆既月食中の月と並んで「スーパーマーズ」となるのです。

「スーパーマーズ」と呼ばれる火星の大接近(地球と火星の距離=約5800万キロメートル)は、2003年以来、15年ぶりのことです。

次の「スーパーマーズ」は、17年後の2035年です。そのため、そう簡単には起こらないことがご理解できると思います。

現時点でもうかなり地球に火星が近づいてきているので、夜に南の空を見上げれば、赤っぽく輝いていて、とても明るい火星が見えることでしょう。

こうした火星の見え方は、7月31日と劣らないくらい、はっきりと赤く輝いた状態で9月上旬まで続きます。

皆既月食に関しては、今年の1月31日以来のこと(1年に2回の皆既月食は2011年以来のことで珍しい)で、次回は2021年5月です。

「皆既月食&火星の大接近」=「ブラッドムーン&スーパーマーズ」は、天空上の奇跡とも言える程、滅多にお目にかかれない美しい星模様となります。

日本上空の不安定な大気 皆既月食&火星の大接近

ヒンドゥー教の文化では、食(蝕)を忌み嫌う、と先述しましたが、不吉な予兆として捉えられる場合もあります。

その背景として、太陽(スーリヤ)と月(チャンドラ)を司る神々が、怒ったドラゴンヘッッド(竜頭)に飲み込まれてしまう、というインド神話があるからです。

実際に、天空上では、こうした食(蝕)は、太陽の通り道(黄道)と月の通り道(白道)の交点(ドラゴンポイント)に太陽もしくは月が重なる場合にのみ起こります。

それは兎も角として、今回の「ブラッドムーン&スーパーマーズ」と同時期に、日本の大気が非常に不安定になります。

寒冷渦の南下で、強い勢力を持った台風12号が28日~29日にかけて、「日本列島を西へ進んで横断する」という、今までにほとんど経験したことがないような奇妙な予報が気象庁から出ています。

気象庁は、28~29日にかけて広い範囲で大雨や暴風への警戒を呼びかけており、予想最大風速は伊豆諸島と東海で40メートル、近畿で35メートル、小笠原諸島と関東甲信で30メートルと発表しています。※勢いが強いため、さらに風速が高まる懸念があります。

また、29日正午までの24時間予想降水量は関東甲信で300~500ミリ、東海で300~400ミリ、伊豆諸島と近畿、中国で200~300ミリ、四国で100~200ミリ、九州北部で100~150ミリと発表しています。

※30日の時点で九州に台風が滞在する予想が出ていますが、大気の状態によっては、同じ場所に長く停滞する可能性もあります。

西日本豪雨の影響がまだ残った状態で、西日本を横断するのは、非常に心配されるところです。

今回の事態は、占星術の観点から見ると、逆行している火星の大接近とも関連しているとも考えられます。

大気の状態、特に高気圧の配置が変わることで、自力で動く力がない台風の進路が北側へと抜けてくれることを切望しています。

台風災害への対策と安全確保

①到達36〜48時間前

低地に住んでいる場合は、土のうなどを用意。
低地や川沿いの住居には、浸水をせき止めたり浸水の時間を遅らせられる土のうの活用が有効です。土のうに関して、居住区の都道府県や市町村に問い合わせすると良い。

代替手段として、ゴミ袋に水を入れて水のうをつくりコンクリート ブロックで固定する方法、水の入ったペットボトルをダンボールに詰め、簡易の堤防にするといった方法がある。

事前に排水設備の点検・掃除をしておく。
排水溝の詰まりが原因で道路や庭などに雨水が溜まると、地下室や地下駐車場などが被害を受ける。ベランダの排水溝や雨どいが落ち葉やゴミなどで詰まっていると、2 階以上への浸水や天井裏への浸水などが発生する場合あり。雨水の排水設備関係の点検・掃除は大切。

屋根瓦やトタンを補強する。
風で屋根瓦が飛べば、怪我では済まされない事故になることも。雨漏りの心配がないか、外壁のひび割れはないかなどを確認。テレビのアンテナや倒れる危険性のある塀、自転車や鉢植えのように飛ばされる恐れのあるものは、ロープで固定したり屋内にしまう対策を取る。

②到達12〜36時間前

懐中電灯や食料などを用意。
台風通過時は、断水や停電となる可能性。懐中電灯や情報を収集するためのラジオ、買い物に行けないことも考えて数日分の飲料水や食料を用意。

家財道具を高い場所へ移す。
水に濡れると高価な家財道具も台なしです。浸水被害に遭うと困るものは上の階など高い場所へ移す。浸水被害に対応する損害保険(火災保険の特約等)にも加入しておくのが望ましい。

③到達6〜12時間前

  • 行政から避難勧告が出た場合は、複数で行動する。
  • 戸締まりをして、近所の人に声をかけ、一緒に徒歩で避難。
  • 避難準備情報が出された場合は、速やかに要援護者を避難させる。
  • 行動能力の低い人々(※高齢者や障がい者、乳幼児らを抱えた家族)を優先に、自動車等を使って速やかに安全なところに移送。

運動靴やトレッキング シューズなら、冠水した道路も比較的歩きやすい。

避難先は高台の避難所、親戚の家、福祉施設等を利用する。

④到達6時間前 〜 到達直前

浸水の被害を想定。
高潮、増水の恐れがある地区では「気象情報や行政からの情報」に特に注意を払い、すぐ避難できるように準備。地下鉄や地下街、地下駐車場などは浸水の恐れがあるので注意。

⑤台風通過時

台風の際は、建物内で通り過ぎるのを待つ。台風が通過しているときは外へ出ない。河川や用水路の見回りは危険。
地下にある電気室や機械室などが浸水するとエレベータが停止する可能性があるため、エレベータを使わない。

最後に

「皆既月食&火星の大接近」=「ブラッドムーン&スーパーマーズ」は美しい星模様ではありますが、同時期に、日本の大気が非常に不安定になります。

台風の進路が通常と異なるのはこの星模様の影響と考えられます。

火星には「トラブル」「事故」「ケガ」「災害」といった象徴的意味があります。その火星が逆行している時期でもあります。

十分に災害に対する備えと注意をしてくださいね。

被災地の二次被害が無いよう、心から願っております。

-占星術, 自然環境

Copyright© Jupitercom , 2019 All Rights Reserved.