人生の生き方 心理学

成功している人、人生が上手くいっている人の心の使い方♪

成功している人、人生が上手くいっている人の精神状態とはどんなものか、それを端的に表現してくれている言葉があります。

‘Cool Head, Warm Heart.’ By アルフレッド・マーシャル

アルフレッド・マーシャルは、人間の内面的な幸福・豊かな生活を得るためどうすれば良いかを哲学的に考察し、人々を貧困から救済したいという使命感から、経済学の研究へ転向しました。

マーシャルは、理論が現実から乖離すれば「単なる暇つぶし」に過ぎないとして、現実の課題と理論上の問題を混同しないように警告しています。

アルフレッドマーシャルは、ジョン・メイナード・ケインズなどの「科学的根拠に基づく経済学者」という専門職を創設した功績で知られています。

では、どのような心の在り方で人生を歩んでいけば良いのでしょうか?

日常生活を過ごす上で、世の中や人間、起きている現実は、極めて冷静にあるがままに見ていきます。

さらに言えば達観して、やや距離を置いた醒めた見方が役に立つ場合もあるでしょう。

クールで深刻に考えず、過大な期待をしたり、過大な評価をしたり、勘違いをしたりしないよう心がけます。

もし、厳しい大変な状況に直面したとしても、それを当たり前に起こるべくして起こっているものとして受け入れ、悲嘆したリネガティブ思考に陥りません。

「何故こんなことが~、とか、どうして私がこんな目に~」などと愚痴を吐かないよう努めます。

その一方で、心は常に前向きに、上向きに、熱く保てるようコンディションを維持します。

そして、既にあるもの、与えられていることに感謝し、自分の幸運さ、幸せ加減を噛みしめ、味わうのです。

次に、自分の内面に少しずつ余裕ができてきたら、知識や論理性、合理性だけで判断したり、行動することなく、常に誰かのためを意識し、誰かのために仕事を行います。

大きな成功を収めている人々の仕事に対する価値観は、普通一般の人々の感覚とは違う傾向があります。

多くの人にとっては、仕事は生活に必要なお金を稼ぐ手段であり、自分の能力を発揮するツールであり、自己実現を果たす場所であり、社会的に所属する環境となっています。

もちろん、こうした要素は最初の大前提です。

でも、フィードバックを取った結果、大きな成功を収めている人々にとって、もっと重視しているのは、「誰かのために役に立っているかどうか」でした。

多くの一般の人々は自分目線で物事を考えてしまいますが、成功を収めている人々の多くは相手視点、他者目線で考えている、ということになります。

つまり、「この仕事はどんな人の役に立てるのか。その人達は、どんなことを考えているのか。どんなことを問題やテーマとしているのか。どんなことに悩み、困っているのか。」

それに対して、成功を収める人々は、

「自分は一体何ができるのか。何をすれば、最も役に立てるのか、最も喜ばれるのか。」

を第一に考え、仕事を受け取った人がどのように感じるかを強く意識しています。

自分のためではなく、「特定の、あるいは不特定多数の誰かのため」に仕事をしようと心がけています。

すると結果的に、良い仕事が出来て評価してもらっているのです。

「誰かの役に立つことを仕事と言う」という経営者もいます。

誰かの役に立てるから、報酬は得られる。自分のためだけの仕事はない、という発想です。

なるべく、その場だけの損得勘定で考えてはいけません。短期の得は長期の損につながる場合が多いからです。

思いがけない人とのご縁や偶然の出来事の背後にある意味を理解しようと努めましょう。

そして、ただ懸命に生きることに専念し、あれこれとよそ道や脇道について考えたり、迷ったりしないよう心がけましょう。

そうしているうちに、与えられた使命を自覚し始め、運命に身を委ねて、自分ならではの真っ当で健全な生き方が理解できるようになってきます。

ここで、自己信頼の念や本当の意味での自尊心が芽生えてくるのです。

大事なことは、Cool Head. だけでもないですし、Warm Heart..だけでもありません。

その両方が、同時並行して、いつもきちんと自分の中で機能していることが大切です。

とても単純明快ですが、簡単に取り組めそうであって、しかし、実際にやり遂げるのは極めて難しいです。

だからこそ、いつも忘れないで、実践する心構えが重要なのです。

でも、ぜひ挑戦してみてください。生きるのが今までよりもずっと遥かに楽になってくるはずです。

-人生の生き方, 心理学

Copyright© Jupitercom , 2021 All Rights Reserved.