占星術

【火星】占星術の基礎惑星について知る~ 勝ち抜き、生き抜いていくための競争マインド 欲求を満たし、行動を起こすための自発性~

火星 セクシャリティー(性エネルギー) 男性的な活動力 勇気 冒険心 闘争心

太陽が父親や夫としての男性性を表すとしたら、火星は恋人としての男性性、理想の男性像を表します。エネルギッシュでダイナミックな行動力、意欲、欲望などを意味し、火星の配置によって、その人がどういった行動特性やエネルギーの使い方、仕事の仕方をするのかが具体的に分かります。

また、火星はセクシャリティーを表すので、火星が強くホロスコープに出ている人は精力的でセクシーな人、あるいはスポーツ選手や仕事がバリバリできる人に多いです。逆に火星の影響がネガティブに出ていると、無気力や怠惰、自己攻撃などのセクシャリティーのブロック(抑圧)といった形で出てきます。

ただし、火星の強い人はエネルギーのはけ口(昇華の仕方)を知らないと性的に過剰欲求を持ったり、破壊的な行動を取ることもあるので注意が必要です。それは、単に労力の無駄使いやお金の使い過ぎ、浪費癖、大きな事故や怪我として出てくる場合もあります。

また火星のエネルギーを上手にコントロールし、巧みに制御する配置を持っている人は、自制心や忍耐力の強さとして我慢する能力が高く、苦労に耐えることのできる精神力を発揮する傾向があります。

芸能人や歌手、モデル、俳優などのスターには金星と火星が0度のアスペクト(角度)の人もしばしば見受けられます。

例えは、キアヌ・リーブス、中嶋美嘉、浜崎あゆみ、高岡早紀などの有名人はセックスアピールの才能を十全に活用しています。加えて、スピリチュアルなレベルでは金星と火星の0度はクンダリーニ・エネルギーとして癒し手、ヒーラーとしての才能を発揮する場合もいます。

ただし、エネルギーの扱い方が不慣れだと、火星の影響に振り回されないよう配慮する必要性も出てきます。ホロスコープを見れば、そういった気を付けるべき課題、然るべき注意点も把握できます。

ユング心理学でいうアニムスを表すので、女性の好みの男性やセックスの志向性を知ることができます。女性はこの火星(永遠に男性的な力=アニムス)を男性に投影し、その男性に恋焦がれることになります。

金星の場合と同様に、ある男性に好きな女性がいるとしたら、相手の火星の配置を知ることで、その相性を的確に判断できます。また、セクシャルな相性は、お互いの金星と火星の配置が良好かどうかによって決まってきます。

プラスとマイナスの鍵穴のようなもので、自分と相手の性的エネルギーを交換することで愛の交流が育まれることになるのです。この金星と火星の相性が良ければ、アニマとアニムスがお互いに惹かれ合い、足りないものを補い合う好ましい関係性として上手く機能してくれます。

男女関係で金星と火星が活発に作用していれば、性愛的、官能的でロマンティックなムードをいつまでも保持することが可能となります。火星の影響が最も強く現れてくるのは、35歳から44歳までの年齢域で、いわゆる働き盛りの時期に該当します。火星は対外的な積極性、攻撃性、トラブルの原因も表します。

インドの数秘術では9に関連しています。

(※北朝鮮の指導者が9を好むのも、潜在意識のレベルで闘争的態度を選んでいるのと因果関係があると思われます)

火星の対応石について

火星・・レッドコーラル (代替石 カーネリアンなど)

-占星術

Copyright© Jupitercom , 2020 All Rights Reserved.